助産院や産婦人科の求人探しはハローワークとネットでW活用!

kyujin18
助産師の仕事は生まれてくる新生児を自ら取り上げるだけでなく、
妊婦の出産前後の心身ケアや食事管理などを万全にサポートする事も
仕事内容に含まれます。

医療機関の求人でも豊富な経験を持っている
人材を採用するケースが多いです。

その為、初めは街中の一角にある助産院で経験を積んでから、
大きな産婦人科に転職を希望する人も少なくありません。

大規模な医療機関に助産師として転職するメリットは、高度医療の
整備環境が整った中で、また助産院では、対応が難しい自然分娩以外の
高齢出産や帝王切開、逆子の取り上げなどを経験できることです。

そして、自らの助産師としてのスキルを上げるのに
打ってつけの場だからです。

又、リスクが高い分娩に立ち会った経験を糧にして
将来自ら助産院を開業する事も夢ではありません。

行く行くはアットホームな環境の中で、赤ちゃんを出産したい、
数少ない人の夢を叶えてあげる事も不可能ではありません。

より仕事のやりがいが感じられる事にも繋がるでしょう。

助産師の求人数は近頃の少子化に伴い、
減少傾向が懸念されつつあります。

出産の前触れは、突如始まるものです。

医師や看護師は交代して24時間常駐する事は当たり前で、
人手が不足しやすい夜間の時間帯は特に、
夜勤可能な助産師は重宝されます。

助産師の求人を探すのに便利な手段は、地元に近い医療機関が
紹介される事が多いハローワークを利用するのもお勧めです。

それと並行して求人サイトを活用し、より給与額の高い能力に合った
勤務先を探すと、スムーズに良い職場が見つかり易いです。

ちなみに、求人サイトに掲載されている助産師の仕事情報は、
何と言っても豊富な案件数なので、福利厚生や休日など待遇面に細かく
こだわる事ができることです。

それに、自宅でも好きな時にいつでも求人検索できます。

今は保健センターや個人開業のクリニックなどでも
助産師として働ける機会は広がっています。

大きい医療機関に転職する足掛かりを作りたい時は、
求人サイトやハローワークを是非職場探しにフル活用してみましょう。

1位 ナース人材バンク

jinzai1
紹介実績No.1の看護師専門転職支援サービス

助産師の仕事に携わりたい!効率よくスムーズに転職したいなら、ナース人材バンクがおススメ。分娩件数から医師の性格まで求人票では絶対にわからない内部の情報もしっかりと教えてくれます。また、これから国家資格を目指すという方にも適切なアドバイスがもらえます。
こんな方にお勧め!!

  • 必読の助産師求人特集ページと好条件の非公開求人が多い
  • 面接に同行してくれたり、言いずらい条件交渉も代行で安心
  • 転職者の97%が満足で「登録しない理由がない」とも

2位 ナースではたらこ

hatarako1
顧客満足度ランキングで1位

職種としては別枠になる「助産師」の求人。高収入も選ぶ材料のひとつですが、女性が多く、とてもハードな職場なので人間関係にスポットを置く人も少なくないはず。ナースではたらこでは「9万件の医療機関情報」を駆使して満足のいく転職活動をサポートしています。
こんな方にお勧め!!

  • 助産師の非公開求人も多く看護師満足度大1位の調査結果も
  • 産婦人科病院・クリニックの「人間関係情報」も手に入る
  • 今よりもさらに給与アップしたい

3位 マイナビ看護師

mainabi1
利用者の96%が「満足」と回答

2年連続で転職サイトランキング総合1位(ゴメスコンサルティング調べ)の実績があるマイナビ看護師はきめ細かなサポートが人気の秘密。実はあまり詳細が知らされていないとされる助産師の職場のあれこれをしっかりと調べ上げているので、収入面・人間関係・事業形態など細かい部分もアドバイスしてくれます。

こんな方にお勧め!!

  • 助産師の方も「理想の職場に転職できた」と評判が高い
  • マイナビ看護師の人気求人ランキングは見るべき
  • 無料でもらえる「転職ガイドブックが便利すぎる」と評判


コラム記事一覧


記事保管所

ハローワークでは産婦人科、助産院の助産師求人は見つからない

kango(6)
産婦人科、助産院などのほとんどの助産師の求人は、
募集が非公開で行われています。

そのため、助産師の求人は、ハローワークなどでは
ほとんど入手することができません。

というのは、人気があるいい条件の助産師の求人は、
一般に公開すると非常に応募が多くなり、業務に支障が
出てくるためです。

そのため、助産師の求人を募集する産婦人科、
助産院などでは、民間の転職サイトを通じて一般に
公開しないで求人を募集しています。

給与をアップしたい場合や労働条件を良くしたい場合などは、
転職サイトからいい情報を入手することが必要です。

転職する場合には、事前に条件面の給与などのみでなく、
職場の対人関係などについての情報も把握しておくことが大切です。

ハローワークではほとんど入手することができないような
産婦人科、助産院などの一般に公開されていない助産師の求人は、
転職サイトで入手することが可能です。

分娩について大学病院で経験を積み重ねたい、夜勤の助産院のバイトをしたい、
ブランクがあるため復職をゆっくりしたいなどの場合もあるでしょう。

転職サイトであれば、このような場合についても
助産師の求人を探すことができます。

しかしながら転職サイトによって、一般に公開されて
いないような、助産師の求人は違っています。

そのため、転職サイトは一社だけでは、
別の求人情報を見逃してしまう恐れがあります。

転職サイトを利用する場合には、必ず複数の転職サイトを利用しましょう。

助産院や産婦人科の求人をハローワークで探す

kango(3)
産婦人科や助産院での勤務を望むとなると、
もちろんお仕事情報を知る必要があります。

いわゆる求人検索が必要になるのですが、
それにも様々な方法があるのです。

例えば、求人雑誌などを見てみる方法もあります。

正社員やアルバイトなどの求人広告が掲載されている雑誌ですが、
残念ながら、それには1つデメリットがあるのです。

産婦人科や助産院に関する広告の数です。

雑誌媒体の場合は、その職種ではなくもっと別のお仕事に
関する求人が掲載されている傾向があります。

いわゆる、接客やオフィス関連の求人の方が多く、
上記のような職種の情報が少ないのが実情です。

そのため、産婦人科などでの勤務を考えている方々は、
しばしばハローワークでお仕事を探しています。

というのもハローワークは、仕事情報の数に特徴があります。

数ある求人検索の方法の中でも、相当な数を誇っているのです。

そして、助産院などで働くとなると、広告の数が、
多いに越した事はありません。

数が多い方が、それだけ選択肢も広がる
傾向があるからです。

また、広告の数が多ければ、それだけ多くの
助産院にて面接を受ける事もできます。

広告の数が少なければ、面接の数も限られてしまう
傾向があるのです。

ですので産婦人科や助産院でのお仕事を希望している方々は、
職安などでお仕事情報を閲覧している傾向があります。

なお、最近のハローワークでは、インターネットと連動しています。

その利便性の高さから最近では、ネットを活用してハローワークで
求人を検索している方も増えてきている状況です。

産婦人科や助産院の求人をハローワークで探す

youji03
助産師の仕事をしたい場合は、求人の探し方に注意が必要です。

一般企業の求人と比べて助産師求人は件数が限られて
いるので、効率よく探していくようにしないと、
なかなか就職できません。

さまざまな求人媒体がありますが、
ハローワークも役に立ちます。

ハローワークでは、産婦人科や助産院の
求人も取り扱っています。

ただし、ハローワークに限定して求人を探すのは
効率が悪いため、他の求人媒体でも求人を検索するように
しなければなりません。

産婦人科や助産院での仕事は、やり甲斐を持って臨めるものです。

助産師求人は数が少ないため、見つけたら
速やかに応募をします。

応募した順に選考が進むのは、助産師求人でも
自然なことで、応募をするのが少しでも遅れてしまうと、
選考でも不利になってしまいます。

そして、どのように自分をアピールするかを、
事前に考えるようにします。

応募してからアピール内容を考えると、
面接までに間に合いません。

ハローワークなどで求人を探しながら、
準備を進めていきます。

産婦人科の場合と助産院の場合とでは、対策も異なります。

そのため、専門のコーディネーターなどのサポートが必要です。

きちんと相談しながら、対策を立てていくことが有効になります。

助産師というのは人気の高い職業の1つのため、
倍率が高いので、しっかりと対策を立てて臨まないと、
採用にはつながりません。

まずは求人探しに力を入れて、応募先を見つける必要があります。

そして、応募書類や面接の対策を全力で行っていくのです。

助産師求人の産婦人科や助産院のハローワークなどでの探し方

kango(25)
資格が必要な仕事は、専門的な知識が必要になります。

ですので、給料面で資格が必要ない仕事よりも
恵まれていることが多いです。

資格を必要とする仕事には色々ありますが、多少特殊な形で
資格を取得する必要があるのが助産師です。

助産師と看護師は同じような印象を持たれがちですが、
資格も別になっています。

助産師の資格の最大の特徴は、看護師の資格が
必須だということです。

したがって、看護師の資格を持たずに助産師の資格だけ
持つということはありません。

助産師を目指すにはまず、看護師の資格を取得してからになりますので、
当然、勉強量も増えますし期間も長くなります。

助産師の求人はといいますと、まず求人先として
考えることができるのが産婦人科です。

産婦人科は全国各地にありますし、専門的な知識を
必要とする助産師の需要も高いです。

看護師よりも、さらに就職しやすいと言えます。

産婦人科以外には、助産院に就職する
という道があります。

助産院には、産婦人科と違って医師がいません。

そういったことから、助産院に求められるものは経験ですので、
中途採用が多い傾向にあります。

そこで助産師求人の探し方ですが、公的な機関では
ハローワークがあります。

ハローワークには、助産師以外の求人情報も数多くありますが、
当然、助産師の求人情報もあります。

ハローワーク以外では、看護師求人サイトに
助産師の求人が載っていることがあります。

助産師の求人先は、産婦人科や助産院に限定されることが多いので、
通勤のことや条件面をしっかり確認して応募しましょう。